紙幣

開業前のリサーチが大事

店舗開業を行う際には、様々なことに気を配る必要があります。例えば、立地です。人通りが多いだけがポイントではありません。事前のリサーチが大事なのです。また、目につきやすい店舗であるかどうか、開業時期の設定などもポイントになります。

タブレットで行う会計

タブレット

アプリを入れるだけと簡単

個人で小さなお店を経営して独立するとき、開店前に準備しておきたいものにレジがあります。お会計の時に欠かせないレジですが、今はipadを使ったposサービスが登場しており、従来のような設置型の製品を導入する必要はなくなっています。コンパクトであること以外にも様々なメリットがあるipadのposレジについて、使い方を理解しておきましょう。このシステムは、ipad単品では使用することができません。posレジとして機能するよう特定のサービスを利用することが前提になります。サービスの利用と言っても無料で始められるものもあるので、関心のある方はそうしたものから試してみるとよいでしょう。気に入ったサービスを見つけたなら、会員登録を行います。その上でお持ちのipadへ専用のアプリをダウンロードします。アプリはストアにあります。違うアプリではサービスを使えないので、指定されているものを探してください。ダウンロード後は、posレジとして使うための情報を登録します。お店で扱う商品情報を入力し、さらに必要であれば連携する機器との接続設定も行います。登録する商品情報が多いほど、後からのposデータ分析に役立ちます。面倒な作業ですが、できるだけ多くの項目について登録しておきましょう。対応しているバーコードリーダーがあれば、商品のバーコードを読み込むことでも登録が可能です。登録が終わり店頭で商品が売れると、データが蓄積され分析が可能になります。商品の売れ行きはもちろん、販売員ごとの売上やお客様の来店時間などもグラフィカルに確認できます。

レジ

特に小売業で導入したい

小売業であれば、店舗にポスレジを導入することが、必須になってきていますが、それには多くのメリットを受けられるからになります。販売実績の早期の収集や、入力間違いを避けたり、レジ閉め作業の効率化や、複数店舗の実績把握などが、経営者に多くの恩恵をもたらせるのです。

勉強

教室の場所選びは大切

塾を起業する時には、その教室の場所選びが大切で、学区、通学路、駐輪場と駐車場の向きと広さも大切です。子どもにとって通うのが恥ずかしくないような場所を選ぶ必要があるため、起業前にその地域における最適な塾の立地を把握すると良いです。